どうしても出てくるシミ

ある程度の年齢になってくるとどうしてもでてくるのがシミですね。

 

おそらく多くの女性が老けて見えてしまうという理由で悩んでいるものです。

 

私も自分にシミができるまでは50代とか60代くらいになってできてくるものと思っていましたが、かなり早くて30代後半くらいからはっきりと黒い色素沈着が残るようになってきました。

 

本当にそれだえで年齢がプラスされてしまう感覚がイヤでした。

 

私も他の人を見るときにシミというものから年齢を推測してしまうのですが、どうしても若く見えてもシミがあるからきっと○○歳くらいだろうな、というようにある程度の年齢であることを想像してしまうのです。

 

そして、シミといってもいろいろな理由によってできるもので、先天性のものや老人性のもの(お年寄りによくある大きなシミ)でなければ、スキンケアや生活習慣などで改善することが期待できるので、できるだけ早く対策をして、いつまでも若々しくいられるように努力することが大切です。

美白と言ってもいろいろ

シミ対策として真っ先にイメージするのが美白化粧品ですが、実はいろいろなものがあって、同じ美白と名のつくコスメでも効果にちょっとした違いがあったりするのです。

 

例えば、あなたは美白成分と言えばどんなものを知っていますか?一般的なものとしては、トラネキサム酸やコウジ酸、プラセンタやアラントイン、さらにビタミンC誘導体やハイドロキノンも有名ですね。

 

これらの中でも最初の2つは主にメラニン色素の生成を押させるもの、次の2つはメラニン色素の排出を促進するもの、そして最後の2つはメラニン色素そのものを薄くする効果が期待できる成分なのです。

 

つまり、シミで悩んでいるといっても予防をしたいのか、対策をしたいのかによっても使用するべき美白化粧水や美容液が異なるということなのです。

 

今すでにシミに悩んでいるという方は、肌質に合うかどうかという点を考慮しなければ、ハイドロキノンが最も適していると思います。

 

しかし肌質によってはプラセンタなどの刺激の無いものを選んだ方がいいのです。

あなたに合ったものはどれ?

このように、シミを改善したいから美白化粧品を使おうと安易に考えるのではなく、どんな症状にどのような成分が効果的なのかを考えて、正しいものを選ぶことが必要なのです。

 

もちろん美容部員さんなどに相談するのもいいのですが、ムダに高いものを勧められないように、ある程度自分で知識を付けておくことは大事だと思います。

 

自分で適当に選んだ美白化粧品をずっと使っているのに全然美白にならないよ、という方は、もしかしたらコスメを選び間違えていのかもしれません。

 

そのようなことが今後は無いように、実際に使ってみた美白化粧日についての効果や感想などを紹介していきたいと思います。